広告
メーカーのサポートが終了した環境(OSやアプリケーション)での動作はサポート対象外とさせていただきます。ご了承ください。
 TOP  商品検索  商品一覧(分類別/名前順/楽天リワード対応アプリ)  商品購入  ライセンス  会社案内/連絡先  LINE  ご要望、不具合報告  プライバシーポリシー

定番商品

 業務アプリケーション
1.ターンアラウンド1&2型伝票印刷6
2.マニフェスト伝票印刷2
3.マニフェスト伝票印刷簡易版2
4.統一伝票E様式印刷4
5.送り状印刷6
6.菓子統一伝票印刷4
7.家具統一伝票印刷4
8.スポーツ用品統一伝票印刷4
9.統一伝票C様式印刷4
10.業際統一伝票印刷4
 一般アプリケーション
1.OfficeHTML変換10
2.差分ファイルコピーツール9
3.画像ファイル日付一致ツール3
4.Exif情報一覧表作成ツール8
5.ExcelWeb表変換10
6.日付指定ファイルコピーツール3
7.OfficePDF変換8
8.画像内カウントツール6
9.工事用アルバム作成ツール2
10.別名同一ファイル調査ツール5
 VB.NET用関数
1.VB2010用Exif情報取得関数
2.VB2010用POP3メール受信関数
3.VB2010用SMTPメール送信関数
4.VB2010用コード変換関数
5.VB2010用文字列描画関数(プリンタ版)
 VB用関数
1.VB用Exif情報取得関数拡張版
2.VB用コード変換関数拡張版
3.VB用EBCDIC、JIS8ファイル変換関数拡張版
4.VB用SMTPPOP3メール送受信関数パック
5.VB用メール操作関数拡張版Pro
6.VB用文字列四則演算関数拡張版
7.VB用ビットマップファイル作成関数拡張版
8.VB用吉日取得関数フルパック
9.VB用Winsock関数
10.VB用フリガナ取得関数(WindowsNT4.0/2000用)
 AccessDBシステム
1.得意先訪問管理システムPro
2.在庫管理システムR2
3.ワークシェアリング管理システム
4.顧客管理システム
5.預かり金管理システム
 その他(画像、データ)
1.金融機関コードデータ201505
2.市区町村別人口世帯数データファイル2017
3.NSDevIME郵便番号辞書A200604
4.暦データファイル2015
5.植物名称楽々入力IME辞書パックA
.

OfficeHTML変換 2.2.3 (2005.03.01)

 


この商品の販売とサポートは終了しました。
●最新の商品
 この商品には最新の商品があります。そちらのご利用をおすすめします。
 OfficeHTML変換10 10.1.0 
●概要
 ・Microsoft Word 2000・2002 で作成されたドキュメント
・Microsoft Excel 2000・2002 で作成されたワークシート
を元にHTMLファイルを作成します。

インターネットやイントラネットでの情報公開を行う場合のサポートとなります。

@.変換したいファイルがたくさんある場合。
指定フォルダにあるWordドキュメントファイル及びExcelワークブックファイルを、ボタンひとつで全てWebページに変換することが可能です。

A.変換後のファイルのOfficeタグなど不要箇所を削除したい場合。
Office HTML Filterに対応しており、HTMLを作成後Office HTML Filterを起動し不要なタグを削除する必要がありません。( Microsoft社が公開しているOffice HTML Filterをインストールする必要があります。)

ご購入前の確認のために、お客様のファイルをこのプログラムで変換するサービスがございます。メールでnsd@nsgd.co.jpにファイルをお送りください。変換して返送します。
●対応OS/機種
 Windows 95/98/Me/NT4.0SP3/2000/XP
(メーカーのサポートが終了した環境(OSやアプリケーション)での動作はサポート対象外とさせていただきます。ご了承ください。)
●その他対応情報/必須環境
 Microsoft Excel 2000もしくは2002が必要です。
Microsoft Word 2000もしくは2002が必要です。
Microsoft Powerpoint 2000もしくは2002が必要です。
Microsoft Internet Explorer 4.0 SP1 以上が必要です。
●商品/試用版のダウンロード
  ベクター
●商品カテゴリ
 101 Office-HTML-PDF変換ツール 
●関連商品
 ホームページOffice変換 1.1.3 
 ExcelWeb表変換 1.1.4 
 HTML変換スーパーパック 1.03 
 OfficeHTML相互変換パック 1.02 
 HTML変換パック 1.03 
●更新履歴
 
1.00
(2001/12/10)
最初の出荷
2.00
(2002/06/14)
これまでの1.00より、以下の点が強化されました。
Microsoft PowerPoint対応
Microsoft PowerPointプレゼンテーションの変換機能を追加しました。

変換対象ファイルの拡張子指定機能
変換対象となるファイルの拡張子を各アプリケーション別に指定可能となりました。RTFファイルや一太郎文書のWordを使用しての変換や、LotusファイルのExcelを使用しての変換を行うことができます。

変換設定ファイル作成機能
変換するファイルや保存先のフォルダ、オプション設定など、全ての情報を変換設定ファイルとして保存することが可能となりました。これにより、複数フォルダのファイルの変換や指定フォルダ内の特定ファイルのみの変換などの作業を効率よく行うことができます。

コマンド プロンプト実行機能
先述の変換設定ファイルを使用することにより、コマンド プロンプトからの実行を行うことができます。これにより、バッチファイルの使用による作業の自動化を図ることができます。

Excel ワークシート変換機能の強化
Excelのワークシートに関して、変換する範囲を指定することが可能となりました。シート全体、印刷範囲のみ、使用されたセル範囲のみの3種類から選択することができます。

不要な補助ファイルの削除機能
HTML変換時に複数の補助ファイルが作成されることがありますが、これらのうち使用されていない補助ファイルを削除する機能を追加しました。Office HTML Filterと併用することにより、大きな効果を発揮します。

変換後のHTMLファイルのハイパーリンク整合機能
同時に複数のファイルを変換する場合、各ファイル間のハイパーリンクを整合する機能を追加しました。例)“From.doc”に”To.doc”へのハイパーリンクが 作成されていた場合、両者を同時に変換することにより”From.htm”の該当ハイパーリンクを”To.htm”に修正します。
2.01
(2002/10/11)
複数のシートを持つExcelブックの変換時、一つのシートを選択して変換を行うと変換が実行されない問題を修正しました。
2.2.3
(2005/03/01)
メモリーリークの不具合を修正しました。
レジストリキーを変更しました。過去にご購入された方はご連絡ください。最新のレジストリキーをお送りします。


 Copyright (C) 1998-2022 Nihon System Developer Corp. All rights reserved.
 弊社の商品のアフィリエイトご希望のお客様はバリューコマースとご契約後、ベクターのオファーにお申し込みください。

広告